ネガを保存するためのシートに気を使っていますか?

ネガシート

フィルムを現像したら、当然保存します。
ネガシートに入れて、ファイリングすると思いますが、適当にネガシートを選んでませんか?

 

長期間保存しておく間に、ビニールなどからガスが発生して、ネガを傷めてしまう場合があります。

 

長期保存に目を向けて開発されているのが、アメリカのプリントファイル社の製品です。
日本では、(株)コスモス インターナショナルが取り扱っています。

ヨドバシカメラでも、コーナーができていると思います。青いラベルで、COSMOSと白抜きのロゴです。

 

プリントファイル社のネガシートは、フィルムプリザーバーという名前です。
細かくラインナップがあるので、間違えないように気をつけましょう。

 

ネガシートだけでなく、コスモスはいろいろな写真の保存に関する商品を扱っています。

 

http://www.cosmosint.co.jp/

 

正直他のネガシートなどと比べると高いかもしれませんが、大事なフィルムを永く残すためには、とても重要になってきます。

 

ただ、使った感じとしては、ネガの端が傷つきやすいような気がします。
そこだけ気をつけてください。

ネガシート関連記事

ダークカーテン(遮光カーテン)
ダークカーテン(遮光カーテン)は、自宅を暗室にするためにはかかせないカーテンです。
セーフライト
暗室は真っ暗なので、印画紙が露光しない専用のセーフライトが必要です。
暗室時計
暗室時計は、現像・停止・定着の時間を計る必需品です。
フォーカススコープ
フォーカススコープは、印画紙に露光させるときに、ピントがあっているか確認する器具。
ダークバック
フィルムをリールに巻いてタンクに入れるときや、4×5のホルダーに装てんするときに使います。
イーゼル
イーゼルは、露光するときに、印画紙を固定する道具です。
暗室用バット
バットは、現像液、停止液、定着液を満たして、印画紙を処理するのに使います。
液温計
現像液などの液の温度を計ります。
竹ピン・プラピン・ステンレスピン
暗室で印画紙を扱うときに使うピンセットです。
現像タンク・リール
モノクロフィルムの現像に使います。フィルムをリールに巻いてタンクに入れます。
薬液保存用タンク
現像液や定着液を保存するためのタンクです。
メスカップ・攪拌棒
現像液などを溶くときに使います。
恒温器
寒い時期に、現像液を温める器械です。
ネガシート
ネガを保存するためのシート
フィルムクリップ
現像したフィルムを乾燥させるときに、吊るすためのクリップ。