竹ピン・プラピン・ステンレスピン。暗室で印画紙を扱うときに使うピンセットです。

竹ピン・プラピン・ステンレスピン

竹ピン・プラピン・ステンレスピンと、いろいろ種類がありますが、印画紙を扱うピンセットです。
先端にゴムがついていて、印画紙がすべらないようになっています。

バッドと同じく、現像用、停止用、定着用と、ピンセットをそれぞれの専用にして使います。
そのため、3色セットで売られています。

ステンレスピンは、二本で売られていたりしますが、もしも二本で使う場合には、現像と停止を一本にするのがいいと思います。

 

ゴムの部分が汚れていると、印画紙のつまんだ部分が黒くよごれたようになってしまうことがあります。
なので、竹ピンなどでつまむのは、印画紙の隅の角にしましょう。

 

また、この汚れたようになる現象は、停止液での処理をきちんとすることでなくなる場合が多いように思います。
停止液の酢酸は、水になんとなく適当に入れてしまいがちですが、きちんと計って入れるように気をつけてみてください。

 

おしまずに古くなったら取り替えるのも大事です。
あと、私の場合は、結局素手で印画紙を扱うようにしました。

素手だと、印画紙をすべらせて折ってしまうようなことがなくなります。

 

 

ETSUMI エツミ 竹ピン3色セット
ETSUMI エツミ プラピン3色セット

ETSUMI エツミ ステンレスピンセット

 

 

竹ピン・プラピン・ステンレスピン必要度 ★★★
素手でも大丈夫です。(健康上は素手で薬品を触らないほうがいいと思います。)

素手だと、爪の間がまっくろになるので、女性にとっては竹ピン・プラピン・ステンレスピンは必須かもしれません。

竹ピン・プラピン・ステンレスピン関連記事

ダークカーテン(遮光カーテン)
ダークカーテン(遮光カーテン)は、自宅を暗室にするためにはかかせないカーテンです。
セーフライト
暗室は真っ暗なので、印画紙が露光しない専用のセーフライトが必要です。
暗室時計
暗室時計は、現像・停止・定着の時間を計る必需品です。
フォーカススコープ
フォーカススコープは、印画紙に露光させるときに、ピントがあっているか確認する器具。
ダークバック
フィルムをリールに巻いてタンクに入れるときや、4×5のホルダーに装てんするときに使います。
イーゼル
イーゼルは、露光するときに、印画紙を固定する道具です。
暗室用バット
バットは、現像液、停止液、定着液を満たして、印画紙を処理するのに使います。
液温計
現像液などの液の温度を計ります。
竹ピン・プラピン・ステンレスピン
暗室で印画紙を扱うときに使うピンセットです。
現像タンク・リール
モノクロフィルムの現像に使います。フィルムをリールに巻いてタンクに入れます。
薬液保存用タンク
現像液や定着液を保存するためのタンクです。
メスカップ・攪拌棒
現像液などを溶くときに使います。
恒温器
寒い時期に、現像液を温める器械です。
ネガシート
ネガを保存するためのシート
フィルムクリップ
現像したフィルムを乾燥させるときに、吊るすためのクリップ。