写真暗室を自宅に作るにはどうしたらいいか。

自宅暗室の作り方

レンタル暗室などの整った設備を見ると、自宅でなんて無理だと思ってしまうかもしれません。
ですが、遮光と、引き伸ばし機を置く場所、現像作業をするスペース、あとは水場があれば、写真暗室はできます。

専用の暗室じゃなくてもいいんです。
プリントするときだけ、ちょっと準備すれば暗室になる。

そんな環境なら、ちょっとがんばれば手に入ります。

 

自分の家で、暗室にできそうな場所はないか、考えてみましょう。

自宅暗室の作り方関連記事

座敷暗室
自宅を暗室にするには、座敷暗室がおすすめ。写真をプリントするときだけ部屋を暗室にします。
押入れ暗室
手軽にできる押入れ暗室。
お風呂場暗室
お風呂場を暗室に。遮光と水場。換気にも注意。
台所暗室
台所暗室を作るには、広い窓の遮光が問題です。
組立て暗室
組立て暗室を設置するという方法もあります。場所を占有しますが、コンパクトではあります。
暗室の注意点
自宅・部屋で写真暗室をする上での気をつけなければならない注意点をいくつか。