メスカップ・攪拌棒は現像液などを溶くときに必要です。

メスカップ・攪拌棒

メスカップ、ポリビーカーについては特に説明はいらないかと思いますが、現像液や定着液を溶くときなどに使います。

 

メスカップ・ポリビーカー

メスカップも、現像液用、定着液用と、それぞれを専用にした方がいいでしょう。
最低でも二つは必要ということですね。

 

容量としては、2リットル入るもので大丈夫です。自宅暗室の場合には、一度に使う現像液や定着液は、2リットルが多いと思います。

 

必要に応じて、メスシリンダーなどもあると便利です。

 

例えばコダックのT-MAX デベロッパーは液体なので、水と混ぜて使います。
前の日に溶いておく必要がないので便利ですが、メスシリンダーがないとメスカップだけで計るのは難しいです。

 

割り箸などでも混ぜられますが、攪拌棒があると、粉の現像液や定着液を溶くのに便利です。

 

LPL クイックスター

 

先端がバネ状になっているので、すごく混ざります。

 

ちなみにメスカップですが、写真の左のもののほうが使いやすかったです。
右のは、安いのですが注ぎ口が小さいので、かなり慎重に注がないといけないので…。

 

 

メスカップ・攪拌棒必要度 ★★★★★
メスカップは必須ですが、攪拌棒は液状の薬を使うのであれば、かならずしも必要ではありません。

メスカップ・攪拌棒関連記事

ダークカーテン(遮光カーテン)
ダークカーテン(遮光カーテン)は、自宅を暗室にするためにはかかせないカーテンです。
セーフライト
暗室は真っ暗なので、印画紙が露光しない専用のセーフライトが必要です。
暗室時計
暗室時計は、現像・停止・定着の時間を計る必需品です。
フォーカススコープ
フォーカススコープは、印画紙に露光させるときに、ピントがあっているか確認する器具。
ダークバック
フィルムをリールに巻いてタンクに入れるときや、4×5のホルダーに装てんするときに使います。
イーゼル
イーゼルは、露光するときに、印画紙を固定する道具です。
暗室用バット
バットは、現像液、停止液、定着液を満たして、印画紙を処理するのに使います。
液温計
現像液などの液の温度を計ります。
竹ピン・プラピン・ステンレスピン
暗室で印画紙を扱うときに使うピンセットです。
現像タンク・リール
モノクロフィルムの現像に使います。フィルムをリールに巻いてタンクに入れます。
薬液保存用タンク
現像液や定着液を保存するためのタンクです。
メスカップ・攪拌棒
現像液などを溶くときに使います。
恒温器
寒い時期に、現像液を温める器械です。
ネガシート
ネガを保存するためのシート
フィルムクリップ
現像したフィルムを乾燥させるときに、吊るすためのクリップ。