フィルム現像に使う現像タンク・リール

現像タンク

現像タンクとリールは、モノクロフィルムの現像するときに使う道具です。
写真の専門学校などでは、まずすすめられるのはステンレス製の現像タンクだと思います。

熱の伝導率がいいので、例えば20℃にした水を満たしたバケツに突っ込みながら現像すれば、20℃に保ちやすいので。
逆に言うと、手の温度が伝わりやすいので、注意が必要です。

 

フィルムをリールに巻いて、タンクに入れるのですが、この作業はダークバックの中で行います。
見ないでフィルムをリールに巻けるようになるまで、いらないフィルムで練習しましょう。

なれれば、あっという間に巻けるようになります。
オートリールというカシャカシャうごかすと、自動的にフィルムが巻かれるリールもありますね。

リールに巻いたときに、フィルムが少し動く余裕があるように巻けていると、成功です。
フィルムががちがちで動かないようだと、どこかでフィルムが重なってしまっていることが多いです。

そうすると、その場所が現像されず、台無しです。

 

現像ムラがおきにくいということで、上級者には、マスコの現像タンクが人気です。

 

 

大は小をかねるので、135フィルムが4本入る現像タンクがいいでしょう。
120(ブローニー)用フィルム用のリール(右側の)を使えば、ブローニーフィルムも現像できます。

 

フィルムの乳剤面を外側にして、二本のフィルムを一つのリールに巻いて、倍現像するという裏技(荒技?)もありますが、かなりむずかしいと思います…。

 

あと、フィルムを乾燥させる荒技としては、昔は新聞社などでは、アルコール液をくぐらせて、一気に乾燥させるということもしていたそうです。
フィルムはかなり痛むようですが。

 

 

現像タンク・リール必要度 ★★★★
ラボに現像を外注してしまう方法もありますが、自宅で暗室をするなら、当然フィルムも自分で現像したくなると思います。

現像タンク・リール関連記事

ダークカーテン(遮光カーテン)
ダークカーテン(遮光カーテン)は、自宅を暗室にするためにはかかせないカーテンです。
セーフライト
暗室は真っ暗なので、印画紙が露光しない専用のセーフライトが必要です。
暗室時計
暗室時計は、現像・停止・定着の時間を計る必需品です。
フォーカススコープ
フォーカススコープは、印画紙に露光させるときに、ピントがあっているか確認する器具。
ダークバック
フィルムをリールに巻いてタンクに入れるときや、4×5のホルダーに装てんするときに使います。
イーゼル
イーゼルは、露光するときに、印画紙を固定する道具です。
暗室用バット
バットは、現像液、停止液、定着液を満たして、印画紙を処理するのに使います。
液温計
現像液などの液の温度を計ります。
竹ピン・プラピン・ステンレスピン
暗室で印画紙を扱うときに使うピンセットです。
現像タンク・リール
モノクロフィルムの現像に使います。フィルムをリールに巻いてタンクに入れます。
薬液保存用タンク
現像液や定着液を保存するためのタンクです。
メスカップ・攪拌棒
現像液などを溶くときに使います。
恒温器
寒い時期に、現像液を温める器械です。
ネガシート
ネガを保存するためのシート
フィルムクリップ
現像したフィルムを乾燥させるときに、吊るすためのクリップ。