イーゼルは、露光するときに、印画紙を固定する道具です。

イーゼル(イーゼルマスク)

イーゼル(イーゼルマスク)は、印画紙に露光するときに、印画紙を固定しておく道具です。
引き伸ばし器の台に、マットなどを片方だけテープで止めて置いたりすれば、イーゼルが無くてもできることはできますが、めんどくさいです…。

イーゼルであれば、引き伸ばしサイズの微調整、場合によっては、トリミングなども容易です。
黒いブレード(羽根)の部分を動かして使います。

お店で見ると、羽根が二枚のものや、四枚のものがあると思いますが、ぜひ四枚のものを使ってください。

 

印画紙は、長期保存しておくと、薬剤を吸っている周辺から変色してきます。
そのため、均等に余白のとれる四枚羽根のものがいいのです。

また、マット加工などをするときにも、余白は必要です。

 

イーゼルの羽根を動かすときは、閉じたままで動かすと、摩擦がかかるので歪みやすくなります。
なるべく面倒でも、イーゼルの羽は、浮かせた状態で調整するようにしましょう。

 

あと、意外と見逃されがちですが、角を直角に写真を焼くことが、重要です。
サンダースなどの高いイーゼルは、しっかりと直角が出るように作られています。

 

下の写真をみてください。イーゼルの角の部分の写真です。
イーゼルの角を直角に固定

安いイーゼルであっても、高いイーゼルであっても、角を三角定規などで、しっかりと直角になっているか確認しましょう。
そして、サイズが決まっているなら、パーマセルなどで、イーゼルの羽根を直セル四つとも固定してしまうのがおすすめです。

 

これをするとしないとでは、写真の直角が大きく変わってしまいます。
直角が出ていないということは、平行四辺形のように歪んでしまっているということなので、マットなどをかぶせるときに問題がでてきます。

 

余白を少し出してマットをかぶせる場合などは、余白が均等にでませんし、余白を出さないで、写真に少しかぶるようにマットをする場合でも、白い部分が出ないように、必要以上にかぶせなくてはならなくなります。

 

ちなみに、印画紙が浮かないように、イーゼルマスクの背面から空気を吸い出すバキュームイーゼルというものもあるそうです。
イーゼルと印画紙をぴったりと密着させて、印画紙の平面性を高めるというものです。

印画紙がべこべこしてしまいがちな大きなサイズの場合に用いられているようです。

 

LPL ユニバーサルイーゼル DX1417

 

イーゼル(イーゼルマスク)必要度 ★★★★★
安物でも、羽根を固定すれば直角は出せます。なるべく四つ羽根のイーゼルを。

イーゼル関連記事

ダークカーテン(遮光カーテン)
ダークカーテン(遮光カーテン)は、自宅を暗室にするためにはかかせないカーテンです。
セーフライト
暗室は真っ暗なので、印画紙が露光しない専用のセーフライトが必要です。
暗室時計
暗室時計は、現像・停止・定着の時間を計る必需品です。
フォーカススコープ
フォーカススコープは、印画紙に露光させるときに、ピントがあっているか確認する器具。
ダークバック
フィルムをリールに巻いてタンクに入れるときや、4×5のホルダーに装てんするときに使います。
イーゼル
イーゼルは、露光するときに、印画紙を固定する道具です。
暗室用バット
バットは、現像液、停止液、定着液を満たして、印画紙を処理するのに使います。
液温計
現像液などの液の温度を計ります。
竹ピン・プラピン・ステンレスピン
暗室で印画紙を扱うときに使うピンセットです。
現像タンク・リール
モノクロフィルムの現像に使います。フィルムをリールに巻いてタンクに入れます。
薬液保存用タンク
現像液や定着液を保存するためのタンクです。
メスカップ・攪拌棒
現像液などを溶くときに使います。
恒温器
寒い時期に、現像液を温める器械です。
ネガシート
ネガを保存するためのシート
フィルムクリップ
現像したフィルムを乾燥させるときに、吊るすためのクリップ。