引き伸ばし機の紹介

引き伸ばし機

引伸ばし機は、フィルムをセットして、上から光をあてて、フィルムを通った光が、レンズを通って、拡大投影されるもので、印画紙に感光させるものです。
小さなフィルムが大きく引伸ばせるということで、引伸ばし機。

主に、台と、支柱と、ヘッドからなる。
4×5や8×10などの大判フィルムを引伸ばすには、それ用の引伸ばし機が必要となります。

支柱も太くて、ヘッドも大きいです。

 

135専用では、フォコマート(ライカ社の引き伸ばし機)が、製造中止されているけれど、人気が高い。
4×5では、べセラーなど。

 

 

引き伸ばし機には、ライトの光を集める方式が、いくつかある。

集散光式引き伸ばし機

モノクロの引き伸ばし機に多く使われる方式です。
散光式に比べ、硬調になると言われています。

 

おすすめのモノクロ引き伸ばし機

 

 

LPL システム引伸機 7700プロ
←コストパフォーマンスが高く、世界中で愛用者の多いモノクロ用集散光式の引き伸ばし機です。

 

ヘッドをカラーヘッドC7700に交換すれば、カラー引き伸ばし機に。

 

6×7判のサイズまで対応しています。
最初に付属しているネガキャリアは、ガラスで挟むタイプのものなので、ニュートンリング(虹のような線状のリング)がでることもあります。

ガラスの無いタイプのネガキャリアへ買い換えるのことをおすすめします。
アンチニュートンガラス二枚でフィルムを挟むという方法もあります。

散光式引き伸ばし機

カラーの引き伸ばし機に多いです。
上記のLPL システム引伸機 7700プロの、散光式バージョンとも言えるのが、LPL VCCE 引伸機 VC7700プロです。

VCは、ヴァリアブルコントラストの略で、多階調印画紙に対応。フィルターが内蔵されていて、ダイヤルの調整で0号〜5号まで変更できます。

 

LPL カラー引伸機 C7700プロも散光式です。

 

 

              

LPL VCCE 引伸機 VC7700プロ  ◆ LPL カラー引伸機 C7700プロ