暗室時計は、現像・停止・定着の時間を計る必需品です。

暗室時計

暗室時計があると、暗い暗室での時間の計測が簡単になります。
現像の時間などを秒単位で計る必要があるので、その度に腕時計を光らせていたのでは間に合いません。

腕時計でやっていた時期がありましたが、大変でした。
その腕時計の光で感光しないように気をつけたりして…。

 

暗室時計と言えばこの形です。
暗室内でも見やすい大型文字盤のストップウォッチ式のクォーツタイマーです。

ボタンを押せば秒針が「0」に戻せます。アラームも60分以内でセットできます。電池式です。

 

あるとないとでは大違いですが、実は秒針の見やすい置時計があればそれで事足りる場合もあります。
セーフライトの光をうまく時計にあててやれば、けっこう見れます。

 

そんなことに労力を使うくらいなら素直に買った方がいいとは思いますが。

 

LPL 暗室時計 QT-3

 

 

暗室時計必要度 ★★★★

暗室時計関連記事

ダークカーテン(遮光カーテン)
ダークカーテン(遮光カーテン)は、自宅を暗室にするためにはかかせないカーテンです。
セーフライト
暗室は真っ暗なので、印画紙が露光しない専用のセーフライトが必要です。
暗室時計
暗室時計は、現像・停止・定着の時間を計る必需品です。
フォーカススコープ
フォーカススコープは、印画紙に露光させるときに、ピントがあっているか確認する器具。
ダークバック
フィルムをリールに巻いてタンクに入れるときや、4×5のホルダーに装てんするときに使います。
イーゼル
イーゼルは、露光するときに、印画紙を固定する道具です。
暗室用バット
バットは、現像液、停止液、定着液を満たして、印画紙を処理するのに使います。
液温計
現像液などの液の温度を計ります。
竹ピン・プラピン・ステンレスピン
暗室で印画紙を扱うときに使うピンセットです。
現像タンク・リール
モノクロフィルムの現像に使います。フィルムをリールに巻いてタンクに入れます。
薬液保存用タンク
現像液や定着液を保存するためのタンクです。
メスカップ・攪拌棒
現像液などを溶くときに使います。
恒温器
寒い時期に、現像液を温める器械です。
ネガシート
ネガを保存するためのシート
フィルムクリップ
現像したフィルムを乾燥させるときに、吊るすためのクリップ。