恒温器(サーモヒーター)は、寒い時期に、現像液を温める器械です。

恒温器

 恒温器は、冬などの寒い時期にはあると助かります。

 

恒温器(サーモヒーター)は、寒い時期に、現像液を温める器械です。

上にバッドを置いて使います。
電気器具なので、プラグをコンセントに刺して使います。ダイヤルを回すと、あたたまります。ダイヤルを右に回すほど、温度が上がります。

 

温度を上げているときは、ランプが付きます。

 

現像・停止・定着と、バッドの数にあわせて恒温器も用意するのがベストです。
当然恒温器の数が増えると、コードの数も増えます。

暗室は暗いので、コードに足をひっかけると、薬液がこぼれてしまうことも考えられるので、コードはしっかりとまとめて、ひっかけないようにするという注意が必要です。

 

恒温器(サーモヒーター)は、寒い時期に、現像液を温める器械です。

 

ただ、実際にはバッドの数だけ恒温器を用意するのは難しいかもしれません。

 

液温を一定に保つには、暖房などで、部屋の温度を一定に保つことが大事になってきます。
室温が保たれていれば、恒温器は使わないでも済むかもしれません。

 

ホットカーペッドの上にバッドを載せるのも一つの手です。

 

暗室用バッドのページにも書きましたが、おすすめの温度調節方法は、ペットボトルです。
ペットボトルにお湯を入れたのをバッドに入れておくだけ。

夏場はペットボトルに水を入れたのを凍らせておくとかなり便利です。
現像液をつくるときにも、メスカップに直接ペットボトルを入れてしまっても、氷を直接入れるのと違って、薄まらないので。

 

 

サンハヤト【TH-100】サーモヒーター

 

 

恒温器必要度 
あるなら使えばいいという感じかもしれません。私ももらい物です。

恒温器よりもエアコンの方が必要ですね。

恒温器関連記事

ダークカーテン(遮光カーテン)
ダークカーテン(遮光カーテン)は、自宅を暗室にするためにはかかせないカーテンです。
セーフライト
暗室は真っ暗なので、印画紙が露光しない専用のセーフライトが必要です。
暗室時計
暗室時計は、現像・停止・定着の時間を計る必需品です。
フォーカススコープ
フォーカススコープは、印画紙に露光させるときに、ピントがあっているか確認する器具。
ダークバック
フィルムをリールに巻いてタンクに入れるときや、4×5のホルダーに装てんするときに使います。
イーゼル
イーゼルは、露光するときに、印画紙を固定する道具です。
暗室用バット
バットは、現像液、停止液、定着液を満たして、印画紙を処理するのに使います。
液温計
現像液などの液の温度を計ります。
竹ピン・プラピン・ステンレスピン
暗室で印画紙を扱うときに使うピンセットです。
現像タンク・リール
モノクロフィルムの現像に使います。フィルムをリールに巻いてタンクに入れます。
薬液保存用タンク
現像液や定着液を保存するためのタンクです。
メスカップ・攪拌棒
現像液などを溶くときに使います。
恒温器
寒い時期に、現像液を温める器械です。
ネガシート
ネガを保存するためのシート
フィルムクリップ
現像したフィルムを乾燥させるときに、吊るすためのクリップ。