自宅で写真暗室をする上での注意点。

自宅暗室の注意点

遮光

やはり暗室で一番大事なのは遮光です。
印画紙の場合、完璧に暗室にできなくても、ダークカーテンの隙間からちょっとくらい光がもれていても、意外と大丈夫ですが、それは暗室にけっこう居て、目がなれてきてやっと気が付くくらいの光の場合です。

最初から光が漏れてるのが分かるようなら、対処する必要があるでしょう。

 

印画紙の上に10円玉を10分とか置いておけば、それを現像して、かぶっていないかテストすることもできます。
かぶってたら、10円玉の形がみえるはずです。

 

セーフライトが近くても印画紙は感光してしまいます。
セーフライトの光といっても、あまり明るくしすぎないようにしましょう。

 

引き伸ばし機の近くの壁が白かったら、黒い紙などで覆った方がいいかもしれません。
セーフライトの光や、露光中の光が反射して、印画紙へ影響を与えるかもしれないからです。

 

現像処理中は、印画紙の乳剤面を下にしておくのも、カブリを防ぐ有効な方法です。

 

温度

液温の管理も重要なポイントです。
温度が変わると、濃度やコントラストが変わってしまいます。

 

夏や冬には、それぞれ工夫が必要です。

 

エアコンなどで部屋の温度を一定(20度など)に保つと、液温も一定になるはずです。

 

恒温器などを使うのもいいですが、ペットボトルを利用すると、手軽に温度管理ができます。

 

夏はペットボトルに水を入れて、凍らせておきましょう。
バットに直接ペットボトルを入れても、氷とちがって、現像液がうすくなりません。

 

冬は、ホット用のペットボトルにお湯をいれて使えます。

 

換気

暗室は薬品を使うので、臭いも出ます。
普通の換気扇だと、昼間は外からの光が入ります。

暗室用の換気扇(外から光が入らない)もありますが、ときどき換気してやれば特に問題は無いと思います。
もしも頭痛などがするようなら、専用の換気扇の導入も考えてください。

 

また、イオンの発生する空気清浄機などは、薬品が変質する可能性があるそうです。

暗室の注意点関連記事

座敷暗室
自宅を暗室にするには、座敷暗室がおすすめ。写真をプリントするときだけ部屋を暗室にします。
押入れ暗室
手軽にできる押入れ暗室。
お風呂場暗室
お風呂場を暗室に。遮光と水場。換気にも注意。
台所暗室
台所暗室を作るには、広い窓の遮光が問題です。
組立て暗室
組立て暗室を設置するという方法もあります。場所を占有しますが、コンパクトではあります。
暗室の注意点
自宅・部屋で写真暗室をする上での気をつけなければならない注意点をいくつか。