一番のおすすめの座敷暗室

座敷暗室の作り方

自分の部屋や、和室などがあれば、暗室にできるかも。
一人暮らしのワンルームでも大丈夫です。小さな部屋の方がいいかも。

 

暗室なので、当然窓からの光を遮る必要があります。
雨戸があればベストですが、ダークカーテンをつけるだけでも、夜なら十分暗くなります。

近くに街灯があるなら、夜でも遮光をちょっと頑張らないとかもしれませんが。
最近は窓にシャッターのついている部屋もありますね。

 

たとえ昼間でも、カーテンレールの隙間をきちんと覆うなどすれば、きちんと遮光できます。

 

温度管理も大切なので、エアコンもあれば完璧。座敷暗室は一番のおすすめの方法です。
地下室とかもいいかもしれませんね。

 

窓をちゃんと塞いだとしても、ドアの隙間から光が入ってこないかも要注意。
家族と同居している場合には、「暗室作業中につき開けるな!!」と張り紙しておくことも忘れずに。(すごく大事です。^^)

 

引き伸ばし機は、がたつかない頑丈な机に置きましょう。
床に置いてもできますが、やりにくいし、長時間は腰に来ます。

 

現像、停止、定着用のバットは、暗室内に置いて、水洗はお風呂場や台所を利用するといいです。

 

バットも長机などに並べるのがベストですが、床置きでも問題ありません。
床に座ってずりずりと移動しながらやれば大丈夫です。

 

腰を痛めないように、現像処理中は、休憩と思って、リラックスして行うのがコツです。

座敷暗室関連記事

座敷暗室
自宅を暗室にするには、座敷暗室がおすすめ。写真をプリントするときだけ部屋を暗室にします。
押入れ暗室
手軽にできる押入れ暗室。
お風呂場暗室
お風呂場を暗室に。遮光と水場。換気にも注意。
台所暗室
台所暗室を作るには、広い窓の遮光が問題です。
組立て暗室
組立て暗室を設置するという方法もあります。場所を占有しますが、コンパクトではあります。
暗室の注意点
自宅・部屋で写真暗室をする上での気をつけなければならない注意点をいくつか。