お風呂場暗室の作り方

お風呂場暗室の作り方

お風呂場暗室,写真暗室,暗室の作り方

お風呂場を暗室にするのは、水が自由に使えるという点で便利です。
薬品などがこぼれても、水で流せばすぐに綺麗になりますね。

臭いも付きにくいし、なにより部屋が臭くなりません。

 

ユニットバスなどでは、窓がないので遮光も容易です。
ホコリも少ないので、台所は、フィルムを干したりするのにも適しています。

 

お座敷暗室でも、結局水場も必要なので、お風呂場を使うことが多いです。
引き伸ばし機とバットが台所へ置ければ、部屋を暗室にするより場所を取らないという利点もあります。

 

不便なのは、当たり前ですが、暗室として使っているときはお風呂に入れないことです。
普段は引き伸ばし機も、別のところへ移動させる必要があるので、重いものだと厳しいでしょう。

 

具体的には、浴槽の蓋を閉め、その上に板を乗せるなどして頑丈な机にします。
そしてその上に引き伸ばし機を置きます。

バットはその横に置けるだけ置いて、あとは床に置くか、狭い場合には、水洗を台所にするなどの工夫も必要ですね。

 

机が置けるスペースがあれば、浴槽の上をバットのスペースにすると使いやすいと思います。

 

お風呂場に、着替えるスペースの小さな部屋が付いているなら、そこへ引き伸ばし機を固定してしまうのもいいかもしれません。


お風呂場暗室関連記事

座敷暗室
自宅を暗室にするには、座敷暗室がおすすめ。写真をプリントするときだけ部屋を暗室にします。
押入れ暗室
手軽にできる押入れ暗室。
お風呂場暗室
お風呂場を暗室に。遮光と水場。換気にも注意。
台所暗室
台所暗室を作るには、広い窓の遮光が問題です。
組立て暗室
組立て暗室を設置するという方法もあります。場所を占有しますが、コンパクトではあります。
暗室の注意点
自宅・部屋で写真暗室をする上での気をつけなければならない注意点をいくつか。