スプリット・グレード・プリント法は、多階調印画紙を簡単に階調豊かにプリントする方法です。

スプリット・グレード・プリント法

マルチグレード(多階調)印画紙で、簡単にハイライトからダークグレーまでを階調豊かにプリントするというテクニックが、スプリット・グレード・プリント法です。
なんと焼きこみも多い焼きも使わない手法です。

海外ではよく使われているテクニックです。

 

多階調印画紙では、号数フィルターを使ってプリントします。
このとき、焼きこむ場所によって、号数フィルターをいろいろと変えている人も多いと思います。

 

スプリット・グレード・プリント法は、部分的ではなく、全体で号数フィルターの違いを利用する方法なのです。

 

具体的には、00号フィルターで、ハイライトが綺麗に出るような露光秒数を求め、5号フィルターでシャドウが綺麗に(黒がギリギリつぶれない感じ)なるような露光秒数を求めます。

 

そして本番は、00号で露光した後に、5号でも露光します。
これだけで、ハイライトからシャドウ部までが豊かに再現できるのです。

 

黒すぎたら、5号の露光秒数で調整します。

 

 

スプリット・グレード・プリント法の応用として、普通にプリントしているときに、プリントの黒のしまりがイマイチだったら、5号で少し露光をかけてしまうという手抜き?手法もできますね。

スプリット・グレード・プリント法関連記事

スプリット・グレード・プリント法
多階調印画紙を簡単に階調豊かにプリントするスプリット・グレード・プリント法
副露光
副露光という写真暗室のプリントの露光テクニック。